あれから10年、気分は快晴。

あれ?おかしいな?と感じたのが現実とわかったのは、遊びに来ていた母の言葉だった。「旦那、あんたがいないと別人のようだよ」言うことを聞かない3歳と5歳の娘に手を上げていた。娘が望んでいないなら我慢はやめようと離婚を決意。何度も話し合ったはずなのに、家を出てから離婚届の提出まで1年かかった。その間手当を受けれず、私の生活が成り立たなくなる。単に嫌がらせだ。怒って私が電話をするのを楽しんでいるようだ。メールもきた。「お母さん、退院してよかったね」など、近況をよく知っていた。元旦那は生活保護を受けながら、仕事もせずにストーカーまがいの行動をとっていたらしい。あれから10年、娘たちももうすぐ私から独立していく。やっと肩の荷が降ろせそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です